英語学習をするための心構え

英語の勉強を、中学の義務教育から始めている方が大半だと思います。
から始めている方がほとんどだと思います。そして高校、大学でも勉強しているかもしれませんね。

でもいまだに英語が使えるようにならない、思っているように話しができない…
そう思っている方は多いと思います。
日本語すら難しいのに他言語など使えるようにはならないと思っているでしょう。

しかし、英語を身に付けるというのは、単語を闇雲に覚えたり、文法の本を買い揃えるのではなく、それよりも大切なことがあります。
結論から言えば、英語の勉強をはじめるよりも前に次のようなことを考えてみてください。

ゴールを明確にする

まずはゴールを明確にすることです。
英語を勉強しようと思ったら、単語帳を作ったり、売れているという文法の本を買って復習ということも多いと思います。
そして気がついた時には、同じことを何度も繰り返し行っていて、結局みについてはいない…
そのようなことにもなりかねません。
このようなことになってしまう原因として、ゴールが明確ではない、ということがあげられます。
例えば、会話力をあげたい方は英会話をメインにして学習する、TOEICのスコアをあげたいといったように、勉強をするのが近道です。

そんなことは当たり前だと思うかもしれませんが、気がついていないだけで、実はそのようなことをしてしまっていることもあるのです。
まずは文法の復習、単語の暗記といったことを考えて、王道といわれている英語学習に時間、労力を費やしつつゴールを目指すのもわかります。

初心者が陥りがちな罠って?

英語初心者が陥りやすい罠があります。
モチベーションが続くのであれば、勉強していくというのも良いのですが、大体の方が挫折してしまいます。
それは、自分の達成したかったゴールを見失ってしまい、学習をしていることそのものがゴールになってしまうのです。

時間をかけて勉強したものが、使ってみるとゴールに必要な英語とはかけ離れていたということもあります。
ゴールは明確であれば明確である程良いのですが、試験のスコアで考えるとたしかに数字でわかりやすいです。
しかし、スコアだけではなく、どのように話せるようになりたいのか、というのがとても重要なポイントになります。

例えば、英語で10往復会話ができるようになりたかったり、ネイティブが話していることを8割以上分かるようになりたいのか、など目標を明確にすることがとても重要になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました